耳の構造

そもそも何で僕たちワンコの耳は病気になりやすいの?

犬の耳は人間の耳と大きく異なり、耳の入口から真下に向かって下がり、途中からL字型に横へ開く構造です。 耳の穴、耳道の通気が悪いと細菌が繁殖しやすくなってしまいます。 この細菌により炎症を引き起こしたり、感染症にかかってしまうと耳から嫌な臭いがするのです。
特に垂れ耳犬種の子の場合は、蒸れて不潔になりやすいので定期的に耳そうじをしてあげてくださいね。 耳の病気にかかってしまうと慢性化し易く、長期化することが多いので要注意ですよ。耳も注意してケアしてあげてくださいね。

垂れ耳のわんちゃんたち

イメージラブラドールレトリバーミニチュアダックスフント

やってみて僕たちの耳そうじ 印刷する

外耳道の汚れを放置しておくと病原菌の格好の棲家となってしまいます。
日頃から耳を清潔に保ってあげてください。
特に垂れ耳の子の場合は、蒸れて不潔になりやすいので定期的に耳そうじをしてあげてください。
犬は聴覚が発達しているため人間よりも耳から得る情報量が多く、耳と聴力の状態の変化に大変敏感です。
耳が病気になると犬にとって大きなストレスの原因になってしまいます。

注意
鼓膜に傷のある子や耳の臭いや汚れがひどく、気になる場合は獣医さんで診察を受けてください。
耳垢に動く小さいものが含まれている場合は耳ダニがいる可能性があります。その場合も獣医さんで診察を受けてください。
用意するもの
脱脂綿
汚れても良い服
ティッシュペーパー
ノルバサン®オチック(耳垢や付着物を軟化して、外耳炎の原因をやさしく取り除きます)
タオル
掃除方法

耳のケアは犬をやさしく落ち着かせてから行うようにしましょう。

STEP1
デリケートな耳を傷つけないよう注意しながら
ノルバサン®オチックを外耳道にあふれるくらい入れてください
勢いよく注ぎ込んでしまうと犬を驚かせてしまうので、出来るだけゆっくりと注いであげてください。
敏感な子には脱脂綿にたっぷりと洗浄液を染みこませて耳の入口で脱脂綿を絞って入れてあげましょう。
STEP2
脱脂綿やティッシュを耳の入口に軽く詰めてください
耳に液体が入っていると耳を振ってバタバタするので、汚れと洗浄液が飛び散ってしまいます。
STEP3
耳の付け根をクチュクチュと音をさせるように数回揉んでください
STEP4
ワンコに耳をバタバタさせて、洗浄液と耳垢を外に出してあげてください
その時にタオルでガードすると汚れが飛び散らずに済みます。
耳の入口についている洗浄液や汚れを脱脂綿やティッシュで拭き取ってあげましょう。
  • 耳の通気を良くする為にも毛抜きは必要ですが(特に長毛種)、毛抜きは獣医さんかトリミングサロンでお願いしてください。
  • はさみ等鋭利な物を耳に入れないようにしてください。
  • 綿棒は耳の奥へ耳垢を押し込んでしまうことがあります。
  • 犬の外耳道はL字型に曲がっているので、奥に汚れを詰めてしまうと取り去るのが難しくなってしまいます。

炎症が進行していたり、耳道がふさがっているような場合に、無理にお掃除しようとすると、かえって状態を悪化させてしまうこともあります。
耳掃除がうまくできなかったり、耳の状態に不安があったら、耳にさわらないようにしてすぐに動物病院へ行って、適切な診断と治療を受けましょう。

代表的な耳の病気

耳は頭部の脳や中枢神経に近く、病気を放っておくと危険です。飼い主さんは日頃から気をつけてあげてくださいね。
スキンケアだけではなく、耳も注意してケアしてあげることが健康を維持するコツですよ。耳からの変化のサインを見逃さないようにしてください。
この頃変だな、と感じることがあったら獣医さんに相談してください。

外耳炎

外耳炎になると耳から独特のにおいが漂い、かゆがって耳を掻いたり、頭を振ったりする等の様子を見せるようになります。
外耳炎の原因は細菌や真菌(カビ)などの感染や、耳ダニ(耳ヒゼンダニ)の寄生などがあります。
また、アレルギーや脂漏症を起こし易い犬種などに全身性皮膚炎と併発することも多いといわれています。
この外耳炎、実は動物病院に来院するなかで最も多い病気なんですよ。
外耳炎になりやすい垂れ耳の犬種は、アメリカン・コッカー・スパニエル、ゴールデン・レトリバー、ラブラドールレトリバー、ミニチュアダックスなどで、特にアメリカンコッカーの子は要注意!動物病院でも重症になる例が多いそうです。
※アレルギー性皮膚炎になりやすい犬種は、シーズー、マルチーズ、シェルティ、ウェストハイランド・ホワイトテリアなどです。 飼い主さんは、特にふだんから耳を観察するようにしましょう。

中耳炎

慢性化した外耳炎の約半数が鼓膜の奥の中耳へ炎症を拡大させてゆきます。
中耳の炎症が三半規管や中枢神経へ悪影響を及ぼし、顔面の神経麻痺などを引き起こします。
激しい炎症が内耳まで進んでしまうと、頭が傾いたまま(首をかしげたまま)になったりします 。

耳介皮膚炎

耳介の皮膚炎の総称で、原因は感染症、寄生虫、アレルギーなど数多く多岐にわたります。
脂漏症の起こり易い犬種では、脂肪の塊が耳介の端にできたりします。
※アメリカン・コッカー・スパニエル、ゴールデン・レトリバー、ラブラドールレトリバー、ミニチュアダックスフント、秋田犬 など