マラセブのつかいかたについて

マラセブとは?

マラセブのキリカン洋行

【組成・性状】

成分・含量 100mL 中
ミコナゾール硝酸塩 2.0g
クロルヘキシジングルコン酸塩液
(20%溶液) 10mL
(クロルヘキシジングルコン酸塩として2.0g)
色調・剤形 無色~薄茶色澄明の粘稠な液体

【効能・効果】 犬:マラセチア皮膚炎

獣医師の指示に従い、用法、用量を守って使用してください。
使用に関しては、使用上の注意を熟読し、使用方法を守って使用してください。

■体重別の使用量
マラセブのキリカン洋行

はじめはシャワーをかけるところから

ワンちゃんの被毛を水、又は温水でしっかりと濡らしてください。温度が高すぎると、皮膚に刺激となったり、更にかゆくなったりします。
我慢できる程度で、低い温度がおすすめです。シェルティーなど被毛の長いワンちゃんや、柴犬など被毛が密なワンちゃんは、時間をかけてしっかり濡らしましょう。

シャンプー前にブラッシングしましょう!

やさしく泡立てます。

マラセブ®を手にとりなじませ、症状の重い箇所を中心に体の上でやさしく泡立ててください。泡を体の上に乗せていくように洗うことがポイントです。強くこすりすぎると、皮膚を傷つけてしまうので注意しましょう。 また、スポンジを使用すると泡立ちがきめ細かくなり、成分が皮膚に到達しやすくなります。

マラセブのキリカン洋行

全身の洗浄が難しければ、マラセチアが増殖しやすいわきの下、内股、指の間、おなか、下あご、肛門の周りなどの患部を部分的に洗うだけでも効果的です。


10分間浸透させるのがポイント。

効果を正しく発揮させるには、薬剤を10分間皮膚につけた状態で保つことが大切です。
そのため、症状の重いところから泡立てはじめるとよいでしょう。10分間は長いですが、時計を見ながら正確に時間をはかってください。この間、ワンちゃんが薬剤(泡)を舐めたり吸い込まないよう注意しましよう。

マラセブのキリカン洋行

泡が無くなるまで、洗い流します。

洗浄から10分間経過したら、薬剤を残さないように、水または温水で全身をていねいにすすいでください。5分から10分かけて、泡が無くなるまできれいに洗い流してください。

マラセブのキリカン洋行

やさしくしっかり乾燥させます。

すすいだら、タオルでやさしく水分をぬぐいます。
特に皮膚が弱いワンちゃんの場合には、ゴシゴシこすると皮膚を傷つけてしまいますので、気をつけましょう。

注意!!ワンちゃんが泡を大量に舐めたり、吸い込んだりすると胃腸や呼吸器官に炎症を起こす場合があります。使用中はワンちゃんから目を離さないように注意しましょう。

マラセブのキリカン洋行