わかって、いっしょに、なおした。マラセチアによるワンちゃんの皮膚炎

マラセチアって何?

マラセチアは真菌(カビ)の一種で、ワンちゃんの皮膚に住んでいる“常在菌”です。健康な皮膚では問題となることはありませんが、何らかの理由で皮脂の分泌が増えすぎたり(脂漏)、アトピーや他の皮膚炎などで皮膚の抵抗力が落ちると異常増殖し、皮膚炎を悪化させます。
マラセチアは皮脂分を好み、皮脂のたまりやすいわきの下、内股、指の間、耳(耳介)、おなか、下あご、肛門の周りなどで増殖して炎症、痒みを発症します。 またスタフィロコッカス(ブドウ球菌)という細菌がマラセチアによる皮膚炎の悪化に関与しているとも考えられています。

マラセチアによる皮膚炎の症状

強い赤み、痒みが特徴で、ベタベタしたり、独特の臭いがする脂っぽいフケを伴います。慢性化すると皮膚が黒ずんだり、表面にコケが生えたようになったり、毛が抜けたりする場合があります。

マラセチアによる皮膚炎の治療

異常増殖したマラセチアは放っておくと、皮脂分を栄養にしてさらに増え続け皮膚炎が悪化します。
そこで増えすぎたマラセチア菌を減らし、さらに過剰に分泌された皮脂分を取り除くための外用療法が行われます。


マラセチアによる皮膚炎の好発犬種

マラセチア皮膚炎外皮用 マラセブ

マラセブ®はマラセチアとスタフィロコッカスを殺す効果のある成分(ミコナゾール硝酸塩、クロルヘキシジングルコン酸塩)を配合しており、皮膚の上で増えすぎた菌を減らします。また洗浄成分を配合しているので余分な皮脂分や汚れを洗い流します。海外では既に高い評価を得ており、日本国内で実施した臨床試験でも優れた効果が認められました。

症状によっては基礎疾患に対する治療や他のお薬が必要な場合がありますので、詳しくは獣医師にご相談ください。

マラセブの副作用について