まずは、シャンプーする目的を知りましょう

現在、犬猫用シャンプーとして、さまざまなメーカーからたくさんの種類の製品が市場にあります。いったい、どれを選べばいいの?と迷ってしまいますよね。
そんなあなたと一緒に、シャンプー選びのモノサシを考えていきたいと思います。
まず考えたいのが、何のためにシャンプーするのか?ということ。
目的としては、3つくらいに分類されると思います。

1. うちの子をもっとキレイにしたい! …美容目的のシャンプー
2. 皮膚病なので、獣医さんに指示されて …皮膚病治療としてのシャンプー
3. 皮膚が弱いので、ケアが必要 …スキンケアとしてのシャンプー

まずは、この分類ごとに、どのようなシャンプーを選んでいけばよいのか、考えてみましょう

美容目的のシャンプー

長くて美しい毛並みが自慢の犬。そんな自慢の毛並みをいつもキレイに!という目的で使われることが多いようです。
物理的、化学的な作用により、被毛に美的効果を与え、さらに香料でよい香りに仕上げます。
注意点としては、肌に合わない製品を使ったり、洗いすぎて皮膚を傷めてしまったり、すすぎ残しがあったり、といったことの無いようにしましょう。被毛のタイプや、犬種で選ぶ製品が主流。

皮膚病治療としてのシャンプー

犬は全身が被毛で覆われているので、たとえば軟膏などの外用薬を塗ることが難しいのです。また、犬の皮膚はとってもデリケートなので、軟膏に入っている油分などが逆に皮膚トラブルの原因になってしまったり。
そんな理由で、動物病院の先生たちは、皮膚病の治療はお薬の成分が入ったシャンプーを中心に行っています。全身に成分が回ってしまう飲み薬よりも安全で、なおかつ効いてほしいところにダイレクトに作用してくれるので、治療期間が短縮されたり、飲み薬の量を減らすことができたり、といったよい面があるんですよ。皮膚病の子は、動物病院の先生にご相談の上、適切なシャンプーを投与してもらいましょう。

スキンケアとしてのシャンプー

さむーい地方の犬種、乾燥した地方の犬種、などなど、日本の気候とは異なる地方からやってきた犬種がたくさんいます。そんな子は、フケが出たり、脂っぽかったり、、、皮膚病にかかりやすいデリケートさん。弱い皮膚を、よりよい状態に保つためのケアが、スキンケアです。
スキンケアの基本は、洗浄による皮膚の清潔化と、保湿。
まずはシャンプーで、有害作用を持つ体表付着物質である細菌などの微生物、過剰に分泌された皮脂、代謝によって剥離した角質細胞、付着した粉塵、アレルゲン、固形油脂を洗い落とします。
その後、皮膚の状態をみて、しっかり保湿してあげましょう。

実は、皮膚にお悩みを持っている犬たちがとっても多いので、動物病院の先生からも、その大切さが注目されているのが、スキンケアとしてのシャンプーです。