公式ブログ

2017年04月28日バートン・ウッド灯のご紹介

臨床検査に使い勝手の良さが大好評のロングセラー製品『バートン・ウッド灯』

ウッド灯.jpg

真菌が排泄するトリプトファン代謝物は、紫外線照射を受けると蛍光を発します。

バートン・ウッド灯は、光源をニッケル- コバルトフィルターを透過させ、
360nm 波長とした紫外線照射装置で、主にMicrosporum canisによる皮膚糸状菌症の
迅速かつ簡便なスクリーニングに有用な検査器具です。


ウッド灯検査に陽性で、真菌培養で皮膚糸状菌症の診断がついた症例では、
その後の治療への反応のモニタリングにも使用できます。
*治療に反応していれば、治癒が進むにつれて被毛の近位部からの蛍光が発しなくなります。

他に、M. distortum, M. audouinii,Trichophyton schoenleinii も紫外線照射に反応して蛍光を発するとされています。

* 2 本の光源ランプが発する紫外線光源を反射板で強く集光します。
* 臨床検査に使用しやすい豊かな光量。
* さらに、中央に配した凸レンズにより、検査物を拡大して視ることができます。

ウッド灯2.jpg

バートン・ウッド灯 製品ページはこちら


出典;
Miller WH, Griffin CE, Campbell KL. Diagnostic Methods. In: Muller and Kirk's Small Animal Dermatology, 7th edition. Philadelphia, PA: W.B. Saunders Co., 2012: 87-88.
Deboer DJ, Moriello KA. Treatment of Dermatopytosis. In: Kirk's CUrrent Veterinary Therapy XIV. St Louis, MO: Saunders Elsevier. 2009: 457


一覧に戻る

ページトップに戻る